義歯

義歯の役割

歯がぬけたまま放っておくと、
食べ物をよく噛むことができません。

そのため、やわらかいもの、小さいものなど
食べられるものが限られてしまいます。
そのままでは、食欲も低下し、
健康を維持することができなくなってしまいます。

入れ歯を使いこなすことによって、楽しく会話したり、
よく噛んでお食事をすることができるのです。

 

 

義歯の種類

入れ歯には様々な役割と患者様の用途に応じて使いやすいものを選択することができます。
ご飯を美味しく食べたい。お話をたくさんしたい。歌を歌いたい。 
など、さまざまな必要性があると思います。
当院では、保険内でつくる入れ歯と、一部保険外でつくる入れ歯を扱っています。

保険でつくる入れ歯

メリット          
入れ歯は使っていくうちに摩耗したり、    
変形したりすることもあるので        
作る費用が安く経済的負担が軽く済みます。   

デメリット
金属の部分が見えて、目立つ。        
素材がプラスチックなので           
一定の厚みが必要。

保険適用外の入れ歯

メリット           

入れ歯を薄くできるため、使用感が
軽減されたり、粘膜に合わせた色合いで
作るので見栄えが良いです。

デメリット

適用するケースに制限がある。
保険適用外になので費用がかかる。

 

このように種類があり、入れ歯といってもいくつかの選択肢があります。
ご自分にあった入れ歯を見つけ、うまく付き合っていくことが重要なのです。
 

 

 

目立たない入れ歯「ナチュラルデンチャー」

金属バネの悩みを最新の治療法でスッキリ解決!

 

☞従来の入れ歯(保険でつくれます)

金属バネを使用しており、義歯を装着したときに違和感があります。そして歯の隙間やバネの周りに食べ物が詰まりやすいです。

 

 

ナチュラルデンチャー(保険でつくれません)          

金属バネを使わないので、入れ歯だと気付かれにくいです。そして金属アレルギーもなく無味無臭なので患者さんに優しい入れ歯です。薄くて軽くて見た目もキレイな審美入れ歯です。

ナチュラルデンチャーの特徴

入れ歯が目立ちません

金属バネの代わりに、歯肉色の素材を使用しているので、入れ歯が目立ちません。

薄くて、軽い仕上がり

従来の入れ歯に比べて薄く軽いので、口の中が広くなり、会話がしやすくなります。

食べ物が詰まりにくい

歯茎から包み込む形状なので、食べ物が詰まりにくく、入れ歯がぴったり安定します。

磁石を使った入れ歯

金属も見えないので、見た目にもきれいです

残っている自分の歯の根に磁性金属をうめこみ、入れ歯側に超小型磁石を取り付けます。

入れ歯を磁石によりピッタリ吸着させることが可能です。

磁石を使った入れ歯の特徴

入れ歯が目立ちません

金属バネの代わりに、残っている自分の歯の根に磁石を埋め込んでいるので、入れ歯が目立ちません。

簡単に手入れが可能です

金属の留め具で固定する入れ歯は、掃除がしにくく不潔になりやすいですが、磁石の入れ歯は食べかすが詰まりにくくお手入れも簡単です。

入れ歯の着脱も簡単です。

強力な磁石が引き合って吸着されるので、入れ歯を近づけるだけできちんとはまります。留め具がなく、はめやすいので、介護が必要な患者さんにも相性抜群です。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯並びのことでお悩みでしたら、わかば歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_tel.png